開幕まで
days
SPメインイメージ

いよいよ2020年にオリンピック・パラリンピック開催!

運命のいたずらでしょうか。2017年4月に創設された津田塾大学千駄ヶ谷キャンパスは、新国立競技場(オリンピックスタジアム)、東京体育館、国立代々木競技場に最も近い大学キャンパスです。

津田塾大学では、「地元千駄ヶ谷や地方との連携、産官学の連携、官民データ連携」を合言葉に、教職員・学生が一丸となって様々な活動をしてきました。津田塾大学は、2020東京オリ・パラ、国境と文化を超えて、「あんしん」・「おもてなし」を提供しようと思います。そこで、「津田塾生」が自ら企画し、社会実装を体験できるよう「津田2020オリパラ・プロジェクト(正式名称は、「2020東京スポーツイベント情報連絡会議」)」を立ち上げました。

津田塾に来たれ。2020東京オリ・パラまであと2年半です。津田塾生の新鮮な視点と感覚で、世界に記録と記憶に残るイベントを企画し、体験してください。


2020津田塾オリパラ・プロジェクト(2020東京スポーツイベント情報連絡会議)
委員長:大島 美穂(教授・副学長)
ホーム
“英語MAP”を千駄ヶ谷駅に設置
"英語MAP"を千駄ヶ谷駅に設置
2020年に東京オリンピック・パラリンピックが行われる予定である新国立競技場に世界で一番近い大学の学生として、訪日外国人が千駄ヶ谷を訪れた際の利便性を向上させる...
2018.10.27
ホーム
千駄ヶ谷群流データ可視化プロジェクト
千駄ヶ谷群流データ可視化プロジェクト
インバウンド訪日客数は、2016年には中国、韓国を筆頭に、過去最高の2400万人に達し、その消費額は約3.5兆円と推定されている。政府は、2020年まで...
2017.02.26
受験生向け特設ページへ