2017.10.06
AKIBA観光協議会、ATPA秋葉原観光推進協会と津田塾の連携

東京には、オタクが集う街として秋葉原・原宿・池袋の3つが主に挙げられる。その3つを比較した際、秋葉原は原宿・池袋に比べて女性客が少ない。そこで、女子大生における秋葉原・原宿・池袋についてのイメージや遊びに行くかどうかの社会調査を行うとともに、女性が興味のあることを調べ、現在の女子大生の動向を把握し、秋葉原のブランディングに生かすことを検討している。併せて、秋葉原Wi-Fiのシステムログデータを活用し、秋葉原におけるインバウンド観光客・買い物客の群流動態分析・可視化について検討する。

報告:曽根原 登

この記事のカテゴリ:ニュース研究所レポート
受験生向け特設ページへ