2017.06.19
特別講義「東京オリンピック・パラリンピック大会運営を事例として」の開催

特別講師として、公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 大会準備運営第二局 輸送宿泊部長 勝谷 大輔 先生をお迎えして、「情報通信技術と社会」特別講義を開催した。津田塾大学は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会における大学との連携協定を締結している。この度、「情報と社会」特別講義を開催し、大会運営上必要不可欠な、宿泊・出入国・輸送・ロジスティクスという実サービスについて、実践的知識を学び、大会運営上の課題や大学連携・協調活動について認識を深めた。また、本特別講義を、オリンピック・パラリンピック教育、グローバル人材育成、津田塾千駄ヶ谷キャンパスの特徴を活かした社会貢献活動の礎とした。(2017年6月)

 

 

報告:曽根原 登

 

 

この記事のカテゴリ:ニュース研究所レポート
受験生向け特設ページへ