2018.10.27
津田塾生と小学生による英語インタビュー!

今回は、「津田塾生と小学生の共同インタビュー!」についてです。

6月21日(木)・26日(火)、7月5日(木)の3日間、千駄ヶ谷小学校の生徒さんと千駄ヶ谷地域周辺に訪れている外国人の方々にインタビューを行いました。

千駄ヶ谷小学校の生徒さんから、「どうして外国人が日本にきているの?」「日本で何か困っていることはないのかな?」「直接お話ししてみたい!」という要望がありました。小学生の素直な意見を聞くことは、私たち大学生にとっても良い機会だったので、英語面をサポートするため、梅五輪の様々なWGの学生と一緒に、訪日外国人にインタビューをすることとなりました。

オリエンテーションでは、梅五輪の学生が千駄ヶ谷小学校にお邪魔して、打ち合わせを行いました。質問する内容を英語に翻訳したものを一緒に発音し、グループ内でシミュレーションをしました。生徒さんたちは本番を楽しみにしている様子でした。

そして迎えた本番。各グループに分かれて街へ出かけました。緊張と期待感の中、外国の方と接するうちに、生徒さんたちは「様々な国から来ているんだ!」「こういうことに困っているんだ!」と、驚きと共に学習を深めていました。

千駄ヶ谷小学校では今回のインタビューをまとめ、子どもたちの視線で何ができるかを話し合っているそうです。

私たちも、外国の方の声を実際に聞いたうえで、私たちにできることに取り組んでいます。

今回、小学生の一言をきっかけに、梅五輪の学生もとても良い経験をしました。このような活動を通して地域と関わることは、私たち大学生の学びにもつながる貴重な活動です。今後も地域に根付いた活動を行っていきたいです。

記事作成:熊上結愛 竹内奏絵

この記事のカテゴリ:ニュース津田塾生レポート
受験生向け特設ページへ