2019.06.30
鯖江体験 in千駄ヶ谷キャンパス祭

3回目となる千駄ヶ谷キャンパス祭が6月1日〜2日に開催されました。 鯖江WGは今年も、私たちの活動をより多くの人に知ってもらうために参加させていただきました。漆塗りのスプーンや、メガネの形のアクセサリーなど、鯖江ならではの商品の販売のほか、2種類の体験コーナーも設置しました。

その中で斬新なアイデアの体験として人気だったのは、バングル手作り体験です。本物のメガネのフレームを熱によって曲げることでバングルを作ることができるというものでした。カラフルで素敵なメガネフレームの中からお気に入りの1つを選ぶのには、皆さん苦労していました。

また、昨年と大きく異なったのは、鯖江市と共同開発中の2つのおみやげの展示があったことです。

1つ目は、メガネフレーム素材の猫首輪「ミネッツコリエ」です。鯖江市のメガネフレームは、質が高く、国内製造シェア96%を誇っています。高度な加工技術と肌に優しい素材を別の形で活かしたい、という思いから発案されました。

2つ目は、漆塗りの体験キット「DUY~Do Urushi Yourself~」です。これは、約1500年前に生まれ、日本の伝統工芸として今なお高い評価を受けている越前漆器を、海外の方にも知ってほしい、という思いから発案されました。これは、試作品を展示すると同時に、開発段階のキットを用いた蒔絵体験も改良のために実施しました。漆塗りの難しさに四苦八苦しながら、皆さん思い思いの素敵な作品を作り上げていました。

たくさんの方に体験やアンケートにご協力いただき、大変感謝しています。皆様からの貴重なご意見を今後の活動につなげていきます。 これからも鯖江の魅力を発信するため邁進してまいります!開発中のおみやげの今後にもご期待ください!

(記事作成:井上わかほ)

この記事のカテゴリ:津田塾生レポート
受験生向け特設ページへ