2017.10.12
千駄ヶ谷周辺のバリアフリーマップ作成ワークに参加!

津田塾生が渋谷区「超福祉展」でのバリアフリーマップ作成ワークに参加しました!津田塾大学周辺の千駄ヶ谷〜北参道をフィールドワークして、街のバリアを調査しました。

道の幅や傾斜を測って、タブレットに打ち込みバリアデータを集めました。実際に車椅子に乗ってみると、段差がたくさんあったり障害物があったりと、普段歩いている道が車椅子利用者にとってはとても不便な道だと感じ驚きました。他大生や企業の方々と一緒にバリアフリーデータの収集をしたことはとても楽しかったです!

2020年東京五輪開催時には千駄ヶ谷は多くの人で溢れて特に車椅子の人にとっては、とても移動しづらい不便な場所になってしまうのではという気づきがありました。この課題に対して学生目線で何ができるのか障がいのある人にも優しい環境づくりのために考えていきたいです。

 

 

作成者:増野 晶子

この記事のカテゴリ:ニュース津田塾生レポート
受験生向け特設ページへ