2017.12.08
学生60人!将棋会館×津田塾のコラボ企画を考えるブレインストーミング!

先日から将棋会館との連携が進んでいます。今回の全体ミーティングでは梅五輪に参加する学生約60名で、今後将棋会館に提案する津田塾とのコラボ企画をブレインストーミングしました。

学生の一人が夏に津田塾の学外学修プログラムでデロイト トーマツ コンサルティング合同会社にインターンをしていました。その際にお世話になった方から事前にブレインストーミングの進め方についてアドバイスをいただいていました。そのアドバイスを参考にしながら実行委員会メンバーが司会をして、ポストイットを使って意見を交わしました。

感想として思ったのは「楽しそう!」ということ。梅五輪には16部門があり、学生は自分の興味のある部門に参加して普段は部門ごとに動いています。しかし今回のようなたくさんアイディアが必要なときや、皆を巻き込みたいときには梅五輪全体で集まって活動しています。

学生同士で考えた企画案を実際に連携相手に提案することはとてもワクワクします!またインターンでの学びが実際に生かされたり、さらにほかの活動に展開されたりすることは津田塾で体験できる貴重な体験の一つだなと感じます。

 

 

作成者:増野 晶子

この記事のカテゴリ:ニュース津田塾生レポート
受験生向け特設ページへ